名所・旧跡

>ホーム

■八鶴湖■
東金城跡に連なる山々を背に広がる周囲約800mの美しい湖。もとは小さな池だったものを徳川家康の東金御殿建設の際に大きく開削され、現在の姿になったと言われています。東岸に七里法華の中心寺院であった最福寺、西岸に東金城主酒井定隆の菩提寺となっている本漸寺の古刹があり、静かなたたずまいをみせています。湖畔にはツツジ、ハナショウブ、アジサイなど四季折々の花が咲き、4月上旬には湖畔に植えられた桜が咲き誇り、多くの人でにぎわいます。

所在地 東金市 
交通アクセス JR「東金駅」下車、徒歩5分
駐車場  
問合せ

東金市観光協会 0475-50-1142

ホームページ http://www.city.togane.chiba.jp/ka/shoko/shisetsu1.html(東金市のホームページ)
データは随時見直すよう努めておりますが、掲載時と変わっている場合がございますのでご注意ください。また、リンクして いる情報内容や掲載企業の業務内容を保証しているわけではありませんので、本ページをご利用したことにより損害を 受けた場合でも、責任は負いかねます。
◆情報提供:Ossa
Last Update:Tue, 09/01/2009
名所・旧跡

>ホーム